☆ムーランパパと3人の子育てのブログ☆

3人の息子との毎日をアップしていきます。毎日が戦争であり、毎日が新鮮な気持ちです。もしよかったら覗いてみてください。

石田さんチから家族を考察してみる

本日、テレビで石田さんチが放送されました。

 結婚されてもうすぐ40年、私には想像がつきませんが何か1つのことを夫婦それぞれが地道に築きあげた結果が、今の現状へとつながっているのかなぁ~と思います。

 

 

私は4人兄弟、すべて男子です(はい、私も3人の男子の父親です)

私の父親は今年で60歳半ば、父も一つの仕事を新卒から定年退職まで35年勤めあげ私達兄弟を立派に育ててくれました。それは働いている今でこそ、その偉大さが分かります。今は大きな病気せず元気でいますが、やはり兄弟たちがどのようにしていくか考える時が来るのかもしれません。父には大きな遺産があるわけではないですが、しっかりと今から考えておかないとやはり揉めるでしょう。

(遺産関係の話はまたの機会に!)

 

母親は私達3人を育ててくれ、今も現役で働いています。

母親は専業主婦で子供たちを育てたかったようですが、やはり家計がそれを許さず共働きでした。昔私たちは生活費もままならない中、市が運営する公営団地に住んでおり色々大変な思いをしたようです。幼かった私は同じ団地内の子供たちと一日中遊んだ記憶しかないですが、一部のママさんからひどいいじめを受けていたのを私が大人になって後から聞きました。

私には優しそうに見えた同級生のお母さんが、実はとんでもない意地悪さんだった。多分子供の時にその話を聞いていたらかなりのショックでしたが、それをそういえばあの人さ~と20年経って言う母親の人間性が垣間見れます。

 

 

 

っとさて、今回も前置きが長くなりましたが皆さんにとって家族とはなんですか?

 

『なんでも相談しあえる相手』

『困ったことがあったら最後に話す事ができる同志のようなもの』

『今でもよく話すし、良い悪いを共有できる存在』

『できれば近寄りたくない場所』

『あんまり好きではないし、向こうもそう思っているはず』

『嫌な思い出しかなく辛い』

 

10人いれば10人が違う答えが返ってくると思いますが皆様にとってどのようなものでしょう?

 

私は家族とは野球のチームの様なものに感じます。

野球チームの中には気が合わない子もいるでしょう。また逆に仲の良い子もいるでしょう。しかしどのような関係性でも、1つのことに向かってお互い切磋琢磨し優勝へと進まなければなりません。

進む過程の中で私の母親の様にチームから意地悪されるかもしれませんし、もうグローブをつけたくないと思う日もあるかもしれません。でもチームの中にはそんな人ばかりではなく話を聞いてくれる人・助けてくれる人がいるのもまた事実です。

もしかしたらそんな優しい人はいなくても、私の父親の様に同じチームにいるしかない状況で35年も経過することも考えられるでしょう。

 

石田さんチもそうですが、60歳70歳になった時に初めて自分の家族とは何か?が分かるのかもしれません。何十年と歩んだ軌跡がその答えを生むと思います。

 

私は30代半ば、今まで生きてきた年数分働かなければいけませんが、60歳過ぎた時に初めてこの『家族とは何か?』の問いに答えることができるのかもしれません。

ですから今は子育て真っ最中の時期なので、精一杯子供たちと向き合い・楽しんで・色々な時間を共有したいと思います。困ったことがあったら助合っていくことができる、そんな野球チームを目指していきたいと心に誓っております。

 

 

 

・・・・いいだけ野球チームを引き合いに出しましたが、全く野球できませんけどね!

 

 

本日もありがとうございました☆